レディ

自分に合った白髪染めを使おう|商品の効果を知って使い分ける

このエントリーをはてなブックマークに追加

ストレートアイロン人気

コテ

サロニアのストレートヘアアイロンは、熱伝導が速く短時間でストレートヘアが作れるチタニウムプレートを使用していることや、マイナスイオン噴射口が内蔵させていて、ダメージを軽減すること、サロン仕様のアイロンのように、高温設定が速く出来るなど、ネット市場で人気を博しているヘアアイロンです。

Read More

頭皮の健康

ディスペンサーボトル

抜け毛対策として最近注目されているのがノンシリコンシャンプーです。とは言え、頭皮や髪の健康を考える場合は成分を確認することが大事で、シャンプーだけではなくスタイリング剤などヘアケア製品全般に気を使うことが大切です。

Read More

質の良い油をとるべき

オイル

亜麻仁油にはオメガ3脂肪酸が豊富に含まれているため髪の毛に非常によいものです。髪の毛に直接パックしてもいいですし、経口摂取も効果的です。加熱に弱いのでそのまま食べるとよいでしょう。そのまま食べにくいときはトーストに塗ったり、温かい飲み物に混ぜたりするのがおすすめです。

Read More

自分に合った選び方

男性

現在、ドラッグストアなどに行くと、たくさんの白髪染めが販売されています。一見どれも同じに見えますが、いくつか種類があって、それぞれ特徴があります。最も多いのはヘアカラータイプの白髪染めです。髪の内部にまで色が入り、一度ブリーチしてから染めるのでどんな色にも染められると言った特徴があります。ただし、強い成分が入っていて髪の毛を痛めやすいです。マニキュアタイプはそういった髪の毛の痛みが気になったり使えない人にも使える白髪染めで、髪の毛の表面だけを染めるのが特徴です。髪の毛も痛みにくく、ツヤツヤの髪質に仕上がります。しかし、ヘアカラータイプに比べると、どんな色にも染められるわけではなく、色落ちも早いです。

白髪染めは、時間が経てばどうしても色が落ちていくものですが、出来るだけ色を長持ちさせたいものです。実は色落ちのしやすさには季節も大きく関係しています。最も白髪染めの色落ちに気をつけなければいけない季節は実は夏です。肌に関しては日焼け止めなど、日差しの対策をしている人が多いですが、肌と同時に直射日光を受ける髪の毛もまた、同じようにダメージを受けているのです。髪の毛が強い紫外線を受けると抜け毛や枝毛の原因となります。また、水に触れる機会が多くなることも色落ちを助長させます。汗をかきやすいのでシャワーを使う機会が増えますし、それ以外にもプールや海など、実に水に触れる機会は多いです。夏場はいつも以上に髪の毛に対して注意を払う必要があるのです。